花粉症は春だけはなく秋にも多い

目のかゆみ・くしゃみ・鼻水といった症状が現れる花粉症。
日本では春になると特に多くなる印象ですが、実は花粉症は秋にも多くなります。
そもそも花粉症とは、花粉に対して免疫が過剰に反応し、アレルギー反応を起こしている状態です、そのため身体が異物と感じる花粉によって、症状の現れる時期も変わるのです。

春の花粉症の場合、その原因となるのは木本植物です。
まず最も花粉症の原因となりやすいスギは、2月から4月頃に花粉が飛びます。
そして春花粉を飛ばす木本植物は、他にも様々あります。
例えばカバノキ科のヒノキやシラカバは4月中旬から6月初旬頃まで花粉が飛びます。
同じカバノキ科でも、北海道や北陸地方に多いハンノキは、1月から4月に花粉が飛びます。
北海道にはスギが少ないため、花粉症の原因はハンノキやシラカバとなっています。
さらにブナ科のコナラ・クリ、イチョウ、マツ、オリーブなどの花粉も春飛ぶため、花粉症が出やすくなるのです。

一方、秋になると今度は背の低い草本植物が花粉を飛ばすようになります。
例えばカモガヤやオオアワガエリといったイネ科の植物は、5月~8月に花粉が飛ぶようになります。
他にもヨモギ・ブタクサといったキク科の植物も同じくらいの時期です。
一方アサ科のカナムグラは、主に8月~10月に見られます。

これらの草本植物は、木本植物と違い風に乗って遠くまで花粉が行くわけではありません。
花粉が舞うといっても、せいぜい10mほどです。
しかしヨモギ・ブタクサ・カナムグラはいずれも繁殖力が強く、河川敷や道端に多く自生しています。
そのため知らず知らずのうちにアレルギー源に近づいてしまっている可能性があるのです。

なお、秋に見られるアレルギー反応は、草本植物による花粉症だけではありません。
アレルギーの原因としては、ユスリカやガ等、昆虫の死骸によるものもあります。
秋は特に昆虫の死骸が多くなるため、花粉症と同様、目のかゆみ・くしゃみ・鼻水といった症状が出てくることがあります。

秋の花粉症の症状や予防について

花粉症の主な症状としては、目のかゆみ・くしゃみ・鼻水が挙げられます。
また花粉症の場合は、アレルギー反応を引き起こす植物が何科なのかにも注意する必要があります。
同じ科のものを食べると、喉がかゆくなったり、腫れたりするからです。
秋の花粉症で原因となりやすいのは、カモガヤ等のイネ科の植物と、ヨモギやブタクサ等のキク科の植物、カナムグラ等のアサ科の植物が挙げられます。

カモガヤ等が原因の場合、同じイネ科である米や小麦に対してもアレルギー反応が起きる場合があります。
トウモロコシもイネ科なので、コーン油にも注意が必要です。
なお、イネ科の場合は目のかゆみや鼻水などに加え、皮膚のかゆみといった全身症状も出やすいです。

ヨモギやブタクサなどのキク科が原因の場合、同じキク科であるひまわりや紅花から抽出した油に対してもアレルギー反応が起こることがあります。
特にヨモギは食べられるものなので、草餅なども注意が必要です。

カナムグラ等のアサ科は、メロンやスイカなどのウリ科の果物に注意が必要です。
というのも、アサ科はバラ目に分類され、バラ目の中にはウリ科も含まれているからです。

このように秋の花粉症の場合、食べるものにも注意を払う必要があります。
花粉症を予防するためには、少しでも原因となる物質を遠ざける必要があるからです。
秋の花粉症の場合、多くは草本植物なので花粉そのものはあまり遠くまで飛びません。
そのため河川敷など、原因となる植物が多く生えていそうなところは避けるようにします。
また花粉症の症状は、粘膜に花粉がつくことで起こるので、ゴーグルやマスクを着けます。
そして家に入る前に花粉を落とし、帰って来たらすぐにシャワーなどで洗い流すようにしましょう。

なお、昆虫の死骸によって起こるアレルギー反応も、同様です。
日ごろからきれいに掃除をするなどして、アレルギーの原因となる物質を取り除くことが重要となります。