ジルテックとザイザルの作用の違い

ジルテックは有効成分セチリジン塩酸塩の作用でアレルギー症状の原因となるヒスタミンが受容体との結合して働き出すのをブロックし、花粉症やじんましんといった症状が出るのを抑えます。
眠くなりにくい特徴を持つ第2世代抗ヒスタミン薬に属するジルテックは効果が出るのが早い上に、1日1回の服用で24時間効き目が持続するというメリットも持っています。

ザイザルの有効成分はレボセチリジン塩酸塩でジルテック同様に第2世代抗ヒスタミン薬に属し、優れた抗ヒスタミン作用によってヒスタミンの受容体結合を阻害しアレルギー症状を緩和します。
ザイザルも1日1回の服用で効果が24時間持続するタイプで、生後6か月から使用できるというメリットも持っており、子どものアレルギーに抗ヒスタミン薬を利用したい場合に重宝な薬です。

ジルテックやザイザルなどの第2世代抗ヒスタミン薬は、効果が出るのは早いものの眠くなりやすかった第1世代抗ヒスタミン薬の問題点を解決して開発されました。
ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩もザイザルのレボセチリジン塩酸塩も脳に影響が及びにくく、ヒスタミン受容体に選択的に作用するため眠くなりにくく抗アレルギー効果を得やすい薬になっていますが、ジルテックとザイザルでは成分の特徴に違いがあります。

ザイザルが幼児にも使えるのはジルテックの半分の量で効果を発揮することが可能なためで、ジルテックに含まれるR体とS体という2つの物質のうち、ザイザルは効き目がより強いとされるR体のほうだけを抽出して薬にしたものであるため、ジルテックよりも少ない成分で確かな効き目をあらわすという特徴を持ちます。

ジルテックにもザイザルにも子どもが服用しやすいシロップ剤もありますが、ジルテックが2歳以上から服用できるのに対して、ザイザルは生後6か月からの小児用の服用量が設定されています。
ザイザルは数ある第2世代抗ヒスタミン薬の中で最も幼い時期から服用できる抗アレルギー薬として活用されています。

ジルテックとザイザルの価格の違いについて

ジルテックとザイザルは共に優れた抗ヒスタミン効果を持ちながら眠くなりにくいというメリットを持つ第2世代抗ヒスタミン薬ですが、価格にはやや違いがあります。
ジルテックの改良型とも言えるザイザルは後から発売された比較的新しい薬ということで、ジルテックとザイザルとしての価格はそれほど変わらないながらも、ジェネリック医薬品がまだ発売されていないザイザルは同じ薬効の安い薬が無いということになります。

ジェネリック医薬品が既に発売されているジルテックは先発医薬品の半額以下で購入できるものもあり、安価でありながら先発医薬品と同様のセチリジン塩酸塩による優れた抗ヒスタミン作用を得ることができます。
新しい薬であるザイザルは先発医薬品の価格も少々高い上にジェネリック医薬品が日本では未発売ということで割高感がある薬と言えます。

ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩は同じ成分の市販薬があるのも利用しやすさを高めており、現時点ではやや高めの処方薬しかないザイザルは手軽に購入出来ない薬といった印象があります。
日本での発売時期から考えてザイザルのジェネリック医薬品が発売されるのはもう少し先になると推測されており、それまでの間ザイザルを服用したい場合は病院で処方を受けるしかありませんが、個人輸入代行を利用することで、海外で発売されているジェネリック医薬品を購入することが可能になっています。

個人輸入と言っても一般的な通販ショップと同様に注文できる上、処方せん無しでザイザルのような処方薬を購入することができます。
いつも服用している処方薬が切れてもすぐに病院へ行けない時にも便利で、日本では現時点で発売されていないザイザルのジェネリックのような薬を購入できる魅力もあり、服用に際しては用法用量や注意事項をしっかり守って賢い利用で役立てたい通販です。