ザイザルの副作用が強く出る場合は薬を変更する

ザイザルを服用した場合には他の薬の同様に体質によっては副作用が出ることがあります。
ザイザルは比較的副作用の少ない薬として有名ですが副作用の主な症状としては翌朝に眠気や頭痛、疲労や倦怠感、息切れなどが現れる方がいます。
肝臓への影響により吐き気や食欲不振がみられることもあります。
軽度のものなら危険な副作用と言われる症状ではありませんが症状が重い場合には早めに医師に相談するようにして下さい。

ザイザルの副作用の中で重い物にはアナフィラキシーやけいれん、手足の冷えや肝臓の重い症状などがあげられています。
腎臓や肝臓が悪い場合には用いられない薬となっていて、服用量や服用回数を減らす必要があるケースもあるのでザイザルを初めて使用する場合には医師の診察をうけてから使用するようにして下さい。

ザイザルは基本的に就寝前服用のためアルコールを飲むタイミングと同じケースがあります。
基本的にはアルコールの影響を受けない薬となっていますが、飲酒のタイミングとはずらして飲んだ方が良いでしょう。
アルコールとの相互作用によって体質によっては眠気などの副作用が強く出てしまうこともあります。
薬を飲むときはアルコールではなく水かお湯で飲むようにして下さい。

風邪薬などの市販薬を使用する場合には物によっては成分が違っていても作用や副作用がかぶる可能性があるため同時期に一緒に使用しない方が良いとされています。
相互作用がない薬は医師の判断により一緒に処方されることもありますが、市販薬を併用したい場合には自己判断で利用せず薬剤師に服用している薬を相談したうえで利用すると良いでしょう。

息切れなど薬の副作用がひどい場合には他の薬を変更することも考えたほうが良いでしょう。
タイミングとしては生活に支障がでたと感じた時点で医師に薬の変更を申し込むとよいでしょう。
アレルギーの症状をおさえる薬は他にもありますので副作用がつらい場合には無理をせずに自分にあった別の薬を探すことも大切です。

アレルギー症状を薬を使わないで症状を改善する

アレルギー症状を薬を使わないで症状を改善する方法としては「酵素ファスティング」が注目されています。
「酵素ファスティング」のファスティングとは断食を意味する英語のことで健康増進やエイジングケアなどの美容文化で注目をあびている方法です。
一定期間固形物を摂取しないことで消化器系を休ませることができるため体の機能を回復させる効果が期待できます。

「酵素ファスティング」はいきなり食事を絶つのではなく準備期・断食期・復食期に分けて行うほか、酵素ドリンクを使用してビタミンやミネラルを補給しながら進めていくことが特徴となっています。
利用する酵素ドリンクは通販などで購入できますが、保存料などの添加物を一切使用していないものを選ぶと良いでしょう。
初めての方は専門の施設や旅行プランを利用するのがおすすめです。

すぐに取り入れられる方法としてはハーブティーを試してみてはいかがでしょうか。
アレルギー対策ブレンドなども販売されているのでそういったものを選ぶと簡単です。
花粉症やアレルギー症状による腫れを解消する働きがあるとして注目されているハーブとしては「ネトル」があげられています。
アトピー性皮膚炎などのアレルギー性の炎症には「エルダーフラワー」なども有名です。

アレルギー症状にも有効な「ルイボス」など日常的に飲用してもほとんど副作用もなく安心して飲めるタイプのハーブティーもありますが、使用されるハーブによってはかえってアレルギー症状を悪化させてしまう恐れもあります。
例えば「ジャーマンカモミール」は粘膜保護や鎮痛効果が期待できますがキク科の植物なのでキクアレルギーの方にはむいていません。
自分の体質にあったものを選んで利用することが大切です。